報道関係各位

皇紀2673年11月18日
参謀本部生活課


20歳女子の85%が浮気経験あり
背景に新しい教育の影響か


-若者の浮気に関する調査- 


21世紀の生存戦略を研究する研究する参謀本部生活課(本部:東京都、代表先任参謀:目黒鮫之助)は、一部の20歳女性を対象に、「若者の浮気に関する調査」を実施しました。



【調査背景・目的】

本調査は、現在の若者の恋愛の実態を旧来のものと比較し、恋愛に関する価値観の変化を知る手がかりを得ることを目的としています。

なお、当本部はこれまでにも、記事、

『女性の4割は浮気経験アリ』、・・・結婚していても・・・?

の中で、「女性の浮気経験率が男性の勝手な期待よりも遥かに高いものである」ことをデータとともに示すなどして、男性が過度な幻想を抱くことに対しては、警鐘を鳴らしてきました。



【調査結果】

女性の浮気経験率は、前掲の記事で紹介した調査では2010年時点で40%でした。

しかし、20歳女子を対象とした今回の調査(2013年11月)では、45ポイント増加し、85%となりました<図1>


20uwaki
<図1>20歳女子の浮気経験率



【その詳細】

回答者のひとり、トモミさん(ほぼ20歳・仮名)は、「自らの浮気は常態化している」とした上で、当部の取材に対してこのように語ってくれました。


――浮気のキッカケなどはあるのか?

「デートをドタキャンされた時などにタイミングよく誘いがあると、行ってしまう」


――トラブルにならないのか?

「イケメンを浮気相手にしている。

イケメンはチャライ場合が多く、そうした相手をターゲットにすることで相手が本気になるということもなく 、割り切った付き合いができていると感じる」


――そうしたイケメンは、本命にはしないのか?

「本命の男はフツメンでよく、とにかく『自分に一途』な人がいい。そうでなければ不安」


――本命の男は(浮気を)知っているのか?(本命に)悪いと思わないのか?

「知らないと思う。全く悪いとは思わない」


――本命ひとりではダメなのか?

「人にはそれぞれ、いいところがある。ナンバーワンより、オンリーワン。

多面的に相手を評価しているので、一番を決めることに無理がある



このような話から、新しい浮気文化の背景に、「運動会の徒競走で、順位を付けないこともある」とも一部で噂される、「新しい教育」の影響があることが考えられます。

新しい教育の意外な副産物として、若者の恋愛におけるエロスがアガペーによって塗り替えられる日も、そう遠くないのかもしれません。


またこれは、従来「女性の浮気は本気」とされてきた女性の浮気の性質に、変化の可能性があることを示すものでもあります。

こうした変化は、イケメンにとって女子との間にWin-Winの関係を築きやすくするほか、フツメンにとっては「浮気される本命」という新しい機会を生み出すことになります。 
 

なお、当部はこうした若者の新しい恋愛スタイルに対して、反対するものでも賛成するものでもありません。

男女の双方に対して、交際時の重要事項としての浮気予定の有無の説明と、浮気時の遅滞ない情報公開を求めていく方針です。


【調査概要】
調査手法  : 聞き取り
質問内容  :「あなたのまわりの女子の中で、浮気をしたことがある子は何割くらいいると思いますか?」
調査地域  : 代官山
調査対象  : 約20歳の女子
調査期間  : 2013年11月
有効回答数 :本調査2サンプル


 ◆調査主体概要◆
組織名   :参謀本部生活課 http://ss21.doorblog.jp/
所在地   :東京都
代表者   :先任参謀 目黒鮫之助
活動内容  :21世紀の生存戦略の研究

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:目黒鮫之助  
Twitter : ttps://twitter.com/ss21c
Facebook : http://www.facebook.com/ss21c

◆引用・転載時のクレジット表記のお願い◆
本記事の引用・転載時には、必ずクレジットとURLを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「21世紀の生存戦略を研究する参謀本部生活課(http://ss21.doorblog.jp/)が実施した調査によると・・・」

【参考記事】
2次元なら、浮気の心配も不要です。
安心してお楽しみ下さい。

とある『AKB 1/149 恋愛総選挙』のプレイ記録