2013年06月

Girls, be ambitious!(3)―留学するアイドル 柴田珠実

今回は、

『DIO』と『愛ネク11』という
2つのアイドルグループ、そして、

伊豆大島の観光大使『ミス椿の女王』
としても活動中の

柴田珠実(しばた・たまみ)さんに
お話を聞いてきました!



---

ひょんなことからアイドルに

---

―はじめまして。
まず、いきなりですが、
アイドルってどうやってなるの?



柴田珠実さん(以下た):
大学1年生のときに
ネットでブロードバンドの
キャンペーンガールの求人
があって、
 
それに応募したところ、

面接で「歌とダンスできる?」
って聞かれて、

「あれ?」って思ったんですけど、
「あ・・・はい・・・」
とかって答えてたら、

瞬く間にどんどん事が進んで、

気がついたら、
『愛ネク11』というグループで
アイドルをやることになってました(笑)



―そんなことってあるんだ(笑)
 
最初はアイドルやりたくて
始めたわけじゃないんだね。

でも、そんなにいきなりできるもんなの?



た:もともと目立つのがあんまり
好きじゃなかったし、

正直、最初のうちはグループにも
とけこめなかったですね(笑)



―華やかに見えて、辛い仕事だよね。
辞めようとは思ったことも?



た:いつも思ってました。

悔しいから、
しばらく頑張ってたんですけど、
やっぱり辛くて・・・。

社長に
いつ「辞める」って
言いに行くかを
考えてばかり
いました。



―それで、言いに行ったの?



た:実際には、ちょうど
「もうだめだ、言おう」
と思ったくらいの時に、

ユニットが結成されたんです。

私を含めて4人のユニット、
これが、
現在も所属している『DIO』です。



―もうダメだっていう、
間一髪のタイミングで、
変化が訪れたんだね。

4人になって、何か変わった?



た:はい。実は、
この時をきっかけに、

自分が引っ張っていかなきゃ!
って気持ちになりました。



―そうなんだ!
いったい、何があったの?

だって、もともとアイドルをやるつもりが
無かったんだよね?



た:お披露目のライブがあったんですけど、
その出来が良くなくて。

「これはやばいぞ」
って思ったんですよね。

振りはバラバラだし、
恥ずかしくて下向いてる子もいたくらい。

ずっとダンスをやってきた
自分が引っ張っていきたいって、
そんな風に思えたんです。



---

いつでも、全力投球、真剣勝負

---

―あ、もともと、
ダンスは得意だったんだ?




た:得意というか、
ダンスに近いことをずっとやってきた
っていうのはありました。

最初は小学校の頃に
水泳のシンクロをやって、

その時はシンクロのために
バレエとかジャズダンスとかも
習ったりしてましたし。



―シンクロのために
他のダンスを習うとか、
結構ガチだったんだね。



た:はい。全国目指してましたから。

当時は朝4時から朝練で、
学校終わったらすぐ練習。

小学生なのに、
友達の誕生日会も
行ったことなかったですね。



―すごい小学生だね。
遊びたくならなかったの?



た:負けず嫌いだったんだ
と思います。

それと、
成功すると褒められるのが、
すごく嬉しくて。



―結局、全国には行けたの?



た:小学校6年生の時に
ついに予選を通過して、

全国大会への切符を
手にしたのですが、

チームで問題がおきて、
出場できなくなってしまいました。

私は直接は関係なかったのですが、
チームには女子だけで
何十人もいたので、
色々と問題もあったんですよね。



―それは残念だったね・・・。
シンクロはその後も続けたの?



た:中学に入った時に辞めて、
ダンス部に入ったんですが、

普通の学校の部活だったので、
「シンクロやめなきゃよかった」
ってちょっと思ってました。



―それでも、ダンス部で
ダンスは続けたんだね。



た:はい。大学でも、
突然アイドルになるまで(笑)は

かなり真剣に
社交ダンスに打ち込んでた
んですよ。



―そうなんだ。
 
そんな風にいろいろなダンスに
全力投球してきた
珠実ちゃんにとって、
 
新しくできたユニットでの初舞台は、
納得いかない出来だった。



た:はい。
その日から一気に、
アイドル活動に打ち込みましたね。

でも、実は、みんなに
内緒にしていたこと
がありました。

私にはもう時間が無かったんです・・・。


つづく 



当時の彼女(右から2番目)とDIOの面々
(写真提供:ご本人)


 ★ ★ ★

(編集後記)

ひょんなことから、
アイドルになった彼女。

はじめは積極的になれなかったが
新しく結成されたユニットの初舞台で
彼女の負けん気に火がつく。

でも彼女には事情があって・・・?
 

次回につづきます!



『たった一人の生還―「たか号」漂流二十七日間の闘い』を読んで

 
この記事はコチラに移転しました
(b1.blog.jp)



ご不便をおかけし、申し訳ありません!
リンク先でお楽しみ下さい。

合コンで使えたら便利な『AKB占い』

さて、このブログでは、

初対面の人の内面について 
それとなく聞くのに、

血液型占いが有効であると
ちょくちょく書いている。

「あなたって几帳面ですか?」
「あなたって自己中ですか?」

とはなかなか聞けないけれど、

「A型なんだー。実際、A型っぽい?
とか、

同様に、
「実際、B型っぽい?」

とかって聞くことはできる。


そうすると大抵、

「うーん。どうかな。
自分では、あんまり
A型っぽくないと思うけど・・・」

「えー?節子A型っぽいよ」

とかって、

まあご友人代表の方が
明らかにしてくれるものだ。

この時、別に血液型占いが
当たっている必要はない。

議論の出発点になる
たたき台=楔(くさび)=橋頭堡
が欲しいだけだ。

その際、血液型は、

几帳面だとか、自己中だとか
色々な情報が

2ビット(4パターン)の情報に
圧縮されているのだから、

大変便利である。


だが、
2ビットになってしまっているだけに
ちょっと大雑把すぎるときもある。

もっと詳しく相手のことが
知りたいではないか!

そこで、今回
提案したいのがこのAKB占いだ。

万人の共通認識ではないので、
AKBに詳しい人にしか使えない
かもしれないところがネックだが、

試しに具体的な
いちシーンでの言動に
落としこんでみたので、

あなたがどのタイプか、
答えを聞かせて下さい。

 ★ ★ ★

【問題】

6人で合コンをしていたら、

全く別の種類のケーキ
6種類運ばれてきた。

さて、どうする?


(モレありダブリありですが、)

以下のA~Vから(多っ!)
どれかひとつだけ
自分に近いものを選んでみて下さい!

 ★ ★ ★

【選択肢】

A.目の前にあるケーキを食べる。よっぽど嫌いじゃなければ。
B.自分が好きなケーキを食べても良いか聞く
C.太るから食べない
D.仲の良い子と半分ずつに分ける
E.勧められたケーキを、好きじゃなくてもおいしそうにいただく
F.みんなにどれが食べたいか聞く
G.自分が好きなケーキは真っ先に食べてしまって、別のも貰う
H.誰が何を欲しがっているかを見極めながら、勧める
I.全部のケーキを6等分する
J.全部のケーキの一部をつまみ食いする
K.どれでもおいしく食べる
L.嫌いなケーキだけは言っておく
M.別のケーキを追加で注文する
N.一応選ぶけど隣の人のケーキが妙に気になる
O.甘いものが好きそうな人にどんどん食べてもらう
P.意中の人に食べさせてもらう
Q.食べたときのリアクション命
R.意中の人が食べているケーキをひと口もらう
S.自分勝手に取り始める人を注意する
T.みんなが選んだあとで最後に残ったのを食べる
U.自分のケーキをみんなに配る
V.勿体ないので持って帰る

 ★ ★ ★

【判定結果】

※ご注意※
私の勝手な主観と妄想に
基づいており、

彼女たちの実際の性格を
決めつけるものではありません。

Aを選んだあなたは
省エネ、あっちゃんタイプ。

普段は余計な労力をかけないが
実は負けず嫌いで
追い込まれると底力を発揮。

恋愛は深追い注意。一途な分、
のめりこんで身を滅ぼす場合も。


Bを選んだあなたは
周りに助けてもらう、さしこタイプ

よく困難に巻き込まれるが
いじられているうちに何だか
助けてもらって乗り越える。

恋愛は高望み禁物。
自慢できる相手より自分に合う相手を。


Cを選んだあなたは
自分大好き、ゆうこタイプ

高きを目指して努力を重ね
自分磨きをする自分が嫌いじゃない。

恋愛はオレオレ詐欺に注意。
時には相手にも興味を持って。


Dを選んだあなたは
内向き、まゆゆタイプ

人見知りな反面、
気を許した仲間とは、
人一倍はしゃぐ一面も。

理想を追求するあまり
恋愛はオクテになりがち。
時には一歩踏み込んでみては?

 ★ ★ ★

長くなってしまったので
今日はここまでとさせていただき、

E以下の説明は、今後公開。
(きっとします。)

ちなみに、
一部の方にはバレバレですが
以下の予定です。

E.期待に応え過ぎちゃう、ゆきりんタイプ
F.やんわり仕切る、まりこさまタイプ
G.一直線、じゅりなタイプ
H.一歩退いて冷静、れなタイプ
I.全部をきっちり、たかみなタイプ
J.天真爛漫、こじはるタイプ
K.とてもいい子、さえタイプ
L.正直さが誤解される、ともちんタイプ
M.ぽんこつ、ぱるるタイプ
N.引っ込み思案、ゆいはんタイプ
O.世話好き、さや姉タイプ
P.小悪魔、みるきぃタイプ
Q.努力家、だーすータイプ
R.策略家、みーちゃんタイプ
S.正義押し売り、ちゅりタイプ
T.平和第一、ゆりあタイプ
U.布教、まさにゃタイプ(ネタです。ごめんなさい)
V.()まなつタイプ(ネタです。ごめんなさい)


 http://akb48matome.com/archives/51750813.html
最新記事
記事検索
このブログについて
※移転しました※
b1.blog.jp

新卒外資コンサルを経てIT企業経営者となった著者が現在進行形で学習・実戦中の戦略・組織論やサブカルやネット関連動向などの備忘録。中二病注意。
※掲載されている内容は私個人の意見であり、所属組織の立場、意見を代表するものではありません。掲載内容に問題ある場合、お手数ですが 下記お問合せ窓口よりご連絡ください。


◆更新情報はこちらからどうぞ!

twitter

facebookページ

google+

RSSフィード


◆お問合せ先◆
survivalstrategy21アットマークgmail.com

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ