ひとり恋愛トーク を続けます。
(今回でひと区切りつけます)

前回までのあらすじ:

・恋愛は、場合によっては、他のもので代替可能

・究極的には、自分のための恋愛なのだから

・でも、自分のための愛だなんて、おかしいよ?愛は無償でしょ?

・家族愛は無償に近い愛の形かも。

・その背景が血の繋がりだとしたら、家族以外では成り立たないのか? ←イマココ


永遠が、与えてくれる安心感


▽『我が子のためならば
何でもしてやりたい!』
と思えるのは、

『親子』というものが、
本人たちが生まれる前から
決まっていた関係性だ
(と思えるから)ではないか?
と前回書いた。


▽つまり、
その関係性の永遠なることが

神とか宇宙とか自然とか
そういう大きなものによって
保証されている
から、

安心して相手を愛することが
できるのだと。

(特に、私のような
性悪説を採用する人間には。)



▽これが永遠が保証されない
単なる恋愛の場合だと、

誰しも、振られるのが怖いし、
もし振られたら、悲しい。


血縁無くとも神の保証は受けられる


▽家族愛では、
見返りは求めていなくても、
無条件に相手を愛している
わけではない。

『血の繋がり』という
セーフティネットによって、

愛が無意味になってしまう
ようなことは、
予め回避されているのだ。


▽それゆえ、
家族愛は完全に
『無償の愛』と呼べるかは
良くわからないが、

それと同程度の状態を
血の繋がりがなくても
実現できるものなのだろうか?

このような保証は、
人智を超えたところで
定められているから意味がある
のだとすると、

血の繋がった親子でなくとも、

お互いにこの相手からは
何があっても
絶対に逃れられない

ということが強制的に
決まっていれば、

同様の状態が実現できる
のではないか?



▽具体的には、互いに相手を
運命の人だと思えるような場合
がそうだ。

(相手と一緒になったことを)
「神様の思し召し」とか、
「宇宙の法則に従った結果」
「一生に一度の奇跡!」

などと思えれば、

その関係性は、人間ごときの
一時の感情では崩しづらい。

つまり、永遠が保証されている
状態に近い。



▽そんなわけで、
見合い結婚の時代から
恋愛結婚の時代に移って
まだ50年ほどとは思うけれど、

できちゃった婚とか、おめでた婚とか
授かり婚とかある中で、
(全部一緒か)

次は、「運命婚」にするのが
良いのではないかと思う。




結局は、腹を括るかどうか


▽神とか宇宙とか
言い始めてしまったので(笑)
少し、地に足の着いた
話に戻したい。



▽大体、「運命婚」と言っても

どこまでが「神の思し召し」で、
どこからが本人たちの意志なのか、

その線引きはかなり微妙なところだ。



▽ただ、もし愛が結局は
自分のためや、この世界のためで、
目的なき愛は無いとするならば、

目的の達成に資する愛と
そうでない(『無駄』な)愛も
あるかもしれず、

愛を『無駄』にしないためには
愛を注ぐ側と受ける側が、
何らか腹を括ることが重要
だと思われる。



▽つまり、テレビ番組の
罰ゲームなどでよく、

2名の出演者がそれぞれ
大きなゴムを口でくわえて
画面の両端に離れていく、

みたいなことをしているけれど、
そんな状態の中でも
相手が口を開かない安心感

・・・という最後の喩えは
蛇足だったかもしれない。



ひとまず おわり☆



ハシゴを外さないという安心感が愛の基礎?
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/labaq/2012/08/18-15.html