今回は、

『DIO』と『愛ネク11』という
2つのアイドルグループ、そして、

伊豆大島の観光大使『ミス椿の女王』
としても活動中の

柴田珠実(しばた・たまみ)さんに
お話を聞いてきました!



---

ひょんなことからアイドルに

---

―はじめまして。
まず、いきなりですが、
アイドルってどうやってなるの?



柴田珠実さん(以下た):
大学1年生のときに
ネットでブロードバンドの
キャンペーンガールの求人
があって、
 
それに応募したところ、

面接で「歌とダンスできる?」
って聞かれて、

「あれ?」って思ったんですけど、
「あ・・・はい・・・」
とかって答えてたら、

瞬く間にどんどん事が進んで、

気がついたら、
『愛ネク11』というグループで
アイドルをやることになってました(笑)



―そんなことってあるんだ(笑)
 
最初はアイドルやりたくて
始めたわけじゃないんだね。

でも、そんなにいきなりできるもんなの?



た:もともと目立つのがあんまり
好きじゃなかったし、

正直、最初のうちはグループにも
とけこめなかったですね(笑)



―華やかに見えて、辛い仕事だよね。
辞めようとは思ったことも?



た:いつも思ってました。

悔しいから、
しばらく頑張ってたんですけど、
やっぱり辛くて・・・。

社長に
いつ「辞める」って
言いに行くかを
考えてばかり
いました。



―それで、言いに行ったの?



た:実際には、ちょうど
「もうだめだ、言おう」
と思ったくらいの時に、

ユニットが結成されたんです。

私を含めて4人のユニット、
これが、
現在も所属している『DIO』です。



―もうダメだっていう、
間一髪のタイミングで、
変化が訪れたんだね。

4人になって、何か変わった?



た:はい。実は、
この時をきっかけに、

自分が引っ張っていかなきゃ!
って気持ちになりました。



―そうなんだ!
いったい、何があったの?

だって、もともとアイドルをやるつもりが
無かったんだよね?



た:お披露目のライブがあったんですけど、
その出来が良くなくて。

「これはやばいぞ」
って思ったんですよね。

振りはバラバラだし、
恥ずかしくて下向いてる子もいたくらい。

ずっとダンスをやってきた
自分が引っ張っていきたいって、
そんな風に思えたんです。



---

いつでも、全力投球、真剣勝負

---

―あ、もともと、
ダンスは得意だったんだ?




た:得意というか、
ダンスに近いことをずっとやってきた
っていうのはありました。

最初は小学校の頃に
水泳のシンクロをやって、

その時はシンクロのために
バレエとかジャズダンスとかも
習ったりしてましたし。



―シンクロのために
他のダンスを習うとか、
結構ガチだったんだね。



た:はい。全国目指してましたから。

当時は朝4時から朝練で、
学校終わったらすぐ練習。

小学生なのに、
友達の誕生日会も
行ったことなかったですね。



―すごい小学生だね。
遊びたくならなかったの?



た:負けず嫌いだったんだ
と思います。

それと、
成功すると褒められるのが、
すごく嬉しくて。



―結局、全国には行けたの?



た:小学校6年生の時に
ついに予選を通過して、

全国大会への切符を
手にしたのですが、

チームで問題がおきて、
出場できなくなってしまいました。

私は直接は関係なかったのですが、
チームには女子だけで
何十人もいたので、
色々と問題もあったんですよね。



―それは残念だったね・・・。
シンクロはその後も続けたの?



た:中学に入った時に辞めて、
ダンス部に入ったんですが、

普通の学校の部活だったので、
「シンクロやめなきゃよかった」
ってちょっと思ってました。



―それでも、ダンス部で
ダンスは続けたんだね。



た:はい。大学でも、
突然アイドルになるまで(笑)は

かなり真剣に
社交ダンスに打ち込んでた
んですよ。



―そうなんだ。
 
そんな風にいろいろなダンスに
全力投球してきた
珠実ちゃんにとって、
 
新しくできたユニットでの初舞台は、
納得いかない出来だった。



た:はい。
その日から一気に、
アイドル活動に打ち込みましたね。

でも、実は、みんなに
内緒にしていたこと
がありました。

私にはもう時間が無かったんです・・・。


つづく 



当時の彼女(右から2番目)とDIOの面々
(写真提供:ご本人)


 ★ ★ ★

(編集後記)

ひょんなことから、
アイドルになった彼女。

はじめは積極的になれなかったが
新しく結成されたユニットの初舞台で
彼女の負けん気に火がつく。

でも彼女には事情があって・・・?
 

次回につづきます!