今回は、

もともと女子高生フォトグラファーや
ラジオパーソナリティとして活躍し、
 
大学に通う傍ら、起業や出産を経て
今もマルチに活動を続ける

草野絵美(くさの・えみ)さんに
話を聞いてきました!





---

留学で気づいたトーキョーの特殊性

---

―お久しぶりです。
まず、最近の活動内容を教えて下さい!



草野絵美さん(以下絵):
中心は、育児と学業ですね(笑)
でもその傍ら、お仕事も続けてます。

昨年、玉城ティナちゃんを輩出した
講談社さんの『ミスiD』の
審査員のお仕事とか、

また詳しくは言えないんですけど、
アニメ業の界のお仕事。
あと作詞作曲とか。



―相変らず幅広いね。
もともとは写真家として
活躍してたんだっけ?



絵:はい。

高校生の頃に、
CNNなどの海外メディアに
載せてもらうためのストリートスナップ
を撮っていたのですが

だんだんと
色々なメディアやイベントなどに
呼んでいただけるようになって、

大学生になってからは
ラジオのパーソナリティも
やらせていただきました。



―高校生の時から!?
それって、どういうきっかけなの?



絵:写真については、
留学がきっかけになりました。

高2の時にアメリカのユタ州に
留学したのですが、

それが、
東京の特殊性、ユニークさ
に気づかせてくれたんです。



―わかるわかる。
東京って実は凄い面白いよね。

高校生の絵美ちゃんから見て、
ユタ州と東京は、どんな風に違ってた?


ユタ州は、モルモン教の本部があって
私が住んでいたところも
モルモン教徒の方が多く、

宗教を中心としたまとまりがある
一方で、

時間軸ではみんな、いろいろな
カルチャーに触れてました。

(アメリカは地上波ではなく)
ケーブルテレビ中心なんで
みんな過去の映画をいっぱい見ていて、

ラジオでも、
懐メロがいっぱいかかってるんです。

新しい曲は、F words
(注:4文字のアレ。
つまり、そういう下品な言葉)
が入ってるから、
あんまり流れてなかったんですよね。



―そうなんだ!
日本では過去のコンテンツって
そこまで日常的に消費されてないもんね。



絵:その代わり、東京では、
あんまり過去のものに
目を向けないけれど、
『今』の文化に多様性がある。

下北沢から渋谷、
六本木へと移動するだけで
カルチャーが全然違う。

つまり、カルチャーという点で

ユタ州は、時間軸で
『縦』の繋がりが深いんだけど、
 
東京は『横』に広がっている。

そこが面白いと思ったんです!



---

写真は空間を切り取る最高の道具

---

―なるほどー。
てか、当時から、そんなこと考えたの?



絵:はい。



―すごい洞察力を持った
高校生だったんだね。



絵:そうですかね(笑)

両親も、デザイナーとイラストレーターで
作り手だったので、
家にあったたくさんの画集をはじめ、
ファッションとかデザインの資料など、

幼少の頃から色んな感性に
触れてきたのが
良かったのかもしれません。



―写真は子どもの頃から好きだったの?



絵:はい。

きっかけは、『ブライス』という
ファッションドールでした。

もともと
ビンテージのバービーを
ガラスケースにいれてるような子
だったのですが、

好きな服を着せて、
スタジオみたいなのをつくって、
その写真を撮っていたことが
はじまりです。



―それ、ガンダムのプラモデルで
俺もやったことある!

小学校の自由研究で。



絵:そうなんですか!

その時は、
写真そのものが作品
というよりも、

写真を媒介にした
世界観表現という方が
近いのかもしれません。

当時から、
じっくり時間をかけて何かをつくりこむ
集中力がある方ではなかったので、

手っ取り早く空間を
切り取れることが魅力でした。



―なるほど。
色んな芸術に触れてきたというだけでなく、

写真で空間を『切り取る』ように、
物事の切り口も鋭くなっていたのかも
しれないね。



---

誕生!女子高生フォトグラファー

---

―それで、留学から戻ってきてからは、
東京のカルチャーを『切り取る』ように
なった、と。



絵:はい。

当時高校生の私には、
東京はユタ州よりもずっと
自由度が高いように感じられました。

そこから帰ってきたら、
「何でもできるじゃん」って思った。

まず、ストリートスナップを撮って
インターネットで公開するようになりました。

そのうちにファッションショーの取材を
お手伝いする機会もいただけるようになり、

イベントのカメラマンブースでは
海外メディアの特派員の方々にも
親しくしていただきました。

特派員の方々は、
日本に常駐していない方も多いので、
「いい写真があれば買い取るよ」
と言っていただいて。

そうしてCNNなどの海外メディアにも
写真を使っていただいたり、

ミュージシャンの方の
写真を撮らせていただいたりして
フォトグラファーとして活動の幅を広げながら、

ラジオ番組への出演や雑誌連載など、
色々なメディアへも出させていただけるように
なりました。


当時の彼女
(写真提供:ご本人)


 ★ ★ ★

(編集後記)

幼少期から
ファッションやデザインに触れ、

留学をきっかけに、
女子高生フォトグラファーとして
活躍していった彼女。

次回は
その秘密に迫ります!



twitterアカウント (@gyorome)