前回からの続き。

同居する高度な論理と感性が
周りの人を惹きつけてやまない彼女、

最終回の今回は
今後の活動の方向性について
聞きます!





---

『つながる』歓びを誰よりも知っている人

---



―最後に、これからの活動の方向性
について教えて下さい。


草野絵美さん(以下、絵):
これまで色々やってきましたけど、
文化と文化をつなげたい、という
軸はぶれてないつもりです。



―話を聞いて、

絵美ちゃんは
人と『つながる』歓びを
だれよりも知っている人
なんじゃないかと思いました。

最近も、社会人一年目の子に

あるスゴい人に会うから
「失礼の無いようにしろよ」
 
と言ったら、

「(余計なことを言わないように)
黙っときます」
 
って言われてビックリした
ことがあって、

みんながそうだとは思わないけど、
 
面倒なことになるくらい
だったら人と関わらない

 
っていう子が増えてきている
気がするんだよね。


その点、
本人に魅力があったとはいえ、
 
今までいろんな人の助けもあって
充実した人生を送ってきた
絵美ちゃんは、

人とつながることで得るものが多い
ってことを知っている。


リスクサイドだけを見て、
人と関わるのをやめようとする
子とは対照的だよね。



絵:人と関わることで、
直接、助けてもらえる以外にも
勉強になることがいっぱいあります。

人間が一番いい教科書
だと思うんです。

もちろん、
誰にでも好かれるわけじゃないけれど、

どんな人からも、
必ず何かを学ぶことができる
と思うんですよ。

生身の人間は面白いじゃないですか。
本なんかと違って不確実性も高い。

何か影響を受けて
自分が変わるかもしれないし、
他人が変わるかもしれない。



―結局は、
その向上心なのかもしれないなあ。
大切なことは。



絵:子育てでもそんな風に思います。

だって、人間をひとり育てるんですよ。
絶対に、自分が成長できる。

子育てというと、
「大変だ」「お金がかかる」とか、
ネガティブな言葉だけが流通している。

絶対、素晴らしいことだから、
体験できるなら体験したほうが
良いと思います。


まだまだできることは少ないけれど、
世の中をポジティブな
方向に変えていきたい。



---

「私にもその景色を見させて」


---

―絵美ちゃんは
文化と文化だけじゃなく、
人と人もつなげることが
できちゃうよね。

これには
つながる歓びを誰よりも
知っている
という点以外にも
もうひとつ、秘密があったのかな
と思っていて、

絵美ちゃんは、
「切り口」という言葉に代表されるように、
 
物事の本質とか法則を見つけるの
が得意だよね。

だからきっと、どんな人とも
うまくやれちゃうし、

人と人、ついには、
文化と文化をもつなげられちゃう
んじゃないかと思います。



絵:あー、法則見つけるのとか、
好きです(笑)

多様なセンスを持った人
が生まれる時代に
色んなものを見てきたのは
良かったと思います。

縦も横も、
いろんな人とつながりが広くて、
守備範囲がとにかく
広いんですよ、私。



―会社でいうと、事業部というより
経営企画部で、
軍隊でいうと参謀。

化学反応を起こす触媒というか、
花粉を運ぶミツバチのような
存在だと感じました。



絵:周りの人が輝くのは好きですね。

成功して
「私にもその景色を見させて」
と思ってます。

子育ても少しずつ落ち着いてきたので、
様々な分野で活躍している方との対談とか、
以前のようにまたできたら嬉しいですね。



---

「ギーク・イズ・ニュー・ヒッピー」


---

―対談とか、絶対向いてるね!
 
ほかにこれからの活動で
チャレンジしていきたいこと
などありますか?


絵:専門性を極められない
コンプレックスとか、
 
自分で何かをつくりたい
という憧れは、ずっとあって。

作品づくりには
チャレンジしていきたいです。

実際に、
それで、アニメ作品の製作
に参加させていただいてたり、
作詞作曲をさせてもらってたりと、

実際に動き始めてるものもあります。



―アニメとか観たりするの?



絵:はい。

実は、小さい頃は父の影響で
アメリカのアニメばかり見ていて、

日本のサブカルのカッコ良さを
知ったのはその後なので、

順番としては
逆輸入的発想なのですが。

これまでのカウンターカルチャーって
ウラハラとか、
どちらかというと洋風なものが
多かったと思うのですが、

日本発がカッコいいなら
そっちの方がいいじゃないですか。

『ギーク・イズ・ニュー・ヒッピー』ですよ。
オタクがカッコいい。

自分もものづくりに関わりながら、
そういう情報発信ができたらいいな
と思います。



(写真提供:ご本人)
※上の写真は、本人嫌がってたけど
無理言って掲載させてもらいました(^_^;)


 ★ ★ ★

(編集後記)
とにかく、キレキレ。

変に力は入ってなくて、
それでいて要点は外さない。

彼女は、

人に支えてもらうことの
素晴らしさを、
深く知っているというほかに、

持ち前の物事を見る
切り口の鋭さで、

起こっている事柄から、
本質とか法則とかを
すぐに把握して、

考えの軸をつくってしまう。

軸があるから、
そこに相対性が生まれて、
 
ふたつのものを繋げられる。

しかも、
小さい頃から色んな感性に
触れているから、
 
人が歩くときに足を上げるように
それを自然にできる。

そんな『繋げる』名手である彼女から、
これからも目が離せない。





twitterアカウント (@gyorome)