婚活論

『運命婚』のススメ ~とにかく腹を括るために?~

ひとり恋愛トーク を続けます。
(今回でひと区切りつけます)

前回までのあらすじ:

・恋愛は、場合によっては、他のもので代替可能

・究極的には、自分のための恋愛なのだから

・でも、自分のための愛だなんて、おかしいよ?愛は無償でしょ?

・家族愛は無償に近い愛の形かも。

・その背景が血の繋がりだとしたら、家族以外では成り立たないのか? ←イマココ


永遠が、与えてくれる安心感


▽『我が子のためならば
何でもしてやりたい!』
と思えるのは、

『親子』というものが、
本人たちが生まれる前から
決まっていた関係性だ
(と思えるから)ではないか?
と前回書いた。


▽つまり、
その関係性の永遠なることが

神とか宇宙とか自然とか
そういう大きなものによって
保証されている
から、

安心して相手を愛することが
できるのだと。

(特に、私のような
性悪説を採用する人間には。)



▽これが永遠が保証されない
単なる恋愛の場合だと、

誰しも、振られるのが怖いし、
もし振られたら、悲しい。


血縁無くとも神の保証は受けられる


▽家族愛では、
見返りは求めていなくても、
無条件に相手を愛している
わけではない。

『血の繋がり』という
セーフティネットによって、

愛が無意味になってしまう
ようなことは、
予め回避されているのだ。


▽それゆえ、
家族愛は完全に
『無償の愛』と呼べるかは
良くわからないが、

それと同程度の状態を
血の繋がりがなくても
実現できるものなのだろうか?

このような保証は、
人智を超えたところで
定められているから意味がある
のだとすると、

血の繋がった親子でなくとも、

お互いにこの相手からは
何があっても
絶対に逃れられない

ということが強制的に
決まっていれば、

同様の状態が実現できる
のではないか?



▽具体的には、互いに相手を
運命の人だと思えるような場合
がそうだ。

(相手と一緒になったことを)
「神様の思し召し」とか、
「宇宙の法則に従った結果」
「一生に一度の奇跡!」

などと思えれば、

その関係性は、人間ごときの
一時の感情では崩しづらい。

つまり、永遠が保証されている
状態に近い。



▽そんなわけで、
見合い結婚の時代から
恋愛結婚の時代に移って
まだ50年ほどとは思うけれど、

できちゃった婚とか、おめでた婚とか
授かり婚とかある中で、
(全部一緒か)

次は、「運命婚」にするのが
良いのではないかと思う。




結局は、腹を括るかどうか


▽神とか宇宙とか
言い始めてしまったので(笑)
少し、地に足の着いた
話に戻したい。



▽大体、「運命婚」と言っても

どこまでが「神の思し召し」で、
どこからが本人たちの意志なのか、

その線引きはかなり微妙なところだ。



▽ただ、もし愛が結局は
自分のためや、この世界のためで、
目的なき愛は無いとするならば、

目的の達成に資する愛と
そうでない(『無駄』な)愛も
あるかもしれず、

愛を『無駄』にしないためには
愛を注ぐ側と受ける側が、
何らか腹を括ることが重要
だと思われる。



▽つまり、テレビ番組の
罰ゲームなどでよく、

2名の出演者がそれぞれ
大きなゴムを口でくわえて
画面の両端に離れていく、

みたいなことをしているけれど、
そんな状態の中でも
相手が口を開かない安心感

・・・という最後の喩えは
蛇足だったかもしれない。



ひとまず おわり☆



ハシゴを外さないという安心感が愛の基礎?
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/labaq/2012/08/18-15.html
 

結婚はオワコンどころかコンテンツ化してしまっている

数日前の話であるが
「覆面カリスマブロガー」ちきりんさんが

 2013-05-14 結婚はオワコン!?

の中で、

「西欧の先進国では、
生まれる子供の半分近くが、
婚外子になりつつある


ことをデータで示し、

結婚制度を

「オワコン
(=ブームの終わったコンテンツ)
である制度」

とバッサリ。

確かに西欧諸国で
5%から15%程度であった
婚外子割合が、

ここ30年足らずで
30-50%まで上昇している

とは大変驚きだ。

なんでこんな大事なこと
学校で教えてくれないんだ!

そうなると、日本において
婚外子が不利を受けるというのは
少子化の阻害要因じゃないか?
とかっていう高い視座での
議論もできるし、

結婚制度と子育てって切り離せるの?
というもう少し生活に近い議論も
できるのだけれど、

自分のプライベートへの影響を
最小限に留めるために、

今日のところはやめておき、

よりネット的な世界における
結婚というものの捉えられ方
について少しだけ触れて終わる。

ネット・結婚と聞いて
思い出した人がいるかもしれないが、
例の、あれだ。


結婚のご報告。30年彼女がいなかった僕が、秒速で結婚できた理由。


実際に読んでいただいた方が
面白いと思うが
時間のない方のためにまとめると、

あるネット企業が
エイプリルフールの日に
会社のブログで社員の方(30)の
結婚相手を真面目に募集
 ↓ ↓ ↓
この件がソーシャルメディアで広がり
14人が応募
 ↓ ↓ ↓
その中の1人と一度も会わぬまま
結婚の意思を確認し合い、
11日後に始めて会って結婚

という一部始終が公開されている。


この記事は2.5万いいね
されていることからもわかる通り、
当時大変話題になったので
知っている人も多いと思う。


結婚のオワコン化は、
↓の記事によれば

結婚がオワコン(終了)とネットで話題になるのはなぜなんだろう

冬頃からネットで言われるように
なったようで、

冒頭のちきりんさんの記事でも
そう言われているのだが、

件のエイプリルフールの顛末
を見るに、一部ネット界隈では
さらにその先のステージに
進んでしまっている
ようでもある。

つまり、結婚制度の捉え方が
昔とは異なってきているあまり、

結婚が、エンタメコンテンツとして
活用されるに至っている、と。

オワコンの語源は
「終わったコンテンツ」だが、
場合によっては
全然終わっていないことになる。

現代の社会情勢に適合した制度
かどうかはともかく、

エンタメ的な観点からは、
一生のパートナーを選ぶ行為は、
見るものの心を動かすドラマ
として未だ健在のようだ。

むしろ、ヒーローが地球を救う
ストーリーよりも身近な題材として
歓迎される傾向すらある。

結婚はオワコンどころか、
コンテンツとして広く配信されて
楽しまれる時代が始まった

のかもしれない。



http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1520.html





生存戦略的―婚活(コンカツ)の3P

ある賢人曰く,

その方自身の経験から,
結婚相手=生涯のパートナーを決める上では
根底の価値観が重要だという

根底の価値観を何とするかは人それぞれだが
私の考える軸は以下の3つのP

--------------------
1. Politics

保守/自由 (ちょっと無理あるのは承知で)
or
革新

日本人の場合,多くはノンポリ?

政治的な話だけでなく
セーフティーネットをどのラインまで
期待する/認めるか

どの範囲での幸福最大化を
目指すかを含め

(対立例)
「こんなに頑張ってるんだから少しは認めてよ」
「結果が出てなければ一緒でしょ」

--------------------
2.  Philosophy

2次元 or 3次元

(例)
理想主義 or  現実主義
演繹思考 or 帰納思考
決定論 or 確率論
合理論 or 経験論 
左脳 or 右脳

(対立例)
「気持ちをわかって欲しい」
「解決策を考えようよ」

--------------------
3. Principle

歴史(人類)は

進化しているのか(螺旋的・西洋思想)

or

繰り返しているのか(円環的・東洋思想)

 (対立例)
「苦労してでも成長したい」
「死んだら同じ.楽しんだもん勝ち」
 
-------------------- 

これはあくまで一例

上記価値観の軸は人それぞれだと思うし,

そもそも ,結婚するふたりが同じである必要は無いかもしれない

大切なことは,根底の価値観まで

お互いを理解していること


なんでしょうね.

さー,婚活,コンカツ!

最新記事
記事検索
このブログについて
※移転しました※
b1.blog.jp

新卒外資コンサルを経てIT企業経営者となった著者が現在進行形で学習・実戦中の戦略・組織論やサブカルやネット関連動向などの備忘録。中二病注意。
※掲載されている内容は私個人の意見であり、所属組織の立場、意見を代表するものではありません。掲載内容に問題ある場合、お手数ですが 下記お問合せ窓口よりご連絡ください。


◆更新情報はこちらからどうぞ!

twitter

facebookページ

google+

RSSフィード


◆お問合せ先◆
survivalstrategy21アットマークgmail.com

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ