恋愛ニュース

【悲報】セブンティーンモデルの浮気経験率が判明!

 
この記事はコチラに移転しました
(b1.blog.jp)



ご不便をおかけし、申し訳ありません!
リンク先でお楽しみ下さい。

あなたの彼女も浮気している!?本当にあった浮気のサインTOP5

 
この記事はコチラに移転しました
(b1.blog.jp)



ご不便をおかけし、申し訳ありません!
リンク先でお楽しみ下さい。


女性の「終電だから帰る」も虚偽表示?→見分ける方法は?

ニュース 現代恋愛事情

全国の女性に本心と異なる「虚偽表示」、長期にわたって常態化か

11月24日 21時35分


ホテルやデパートでメニューの虚偽表示が相次いで明らかになるなか、女性が「男性からの誘い」に対して回答する際にも、「本心と異なる虚偽の回答」をするケースが常態化していることが、生存戦略参謀本部の調べにより明らかになりました。

21世紀の生存戦略を研究する「生存戦略参謀本部」(代表:目黒鮫之助、以下単に「参謀本部」)によりますと、終電近くの時間帯などの重要な局面においても、実際には「(家に)帰らなくともよい」と思っているにも関わらず、「終電だから帰る」と虚偽の回答をするケースが多数報告されているということです。

東京都の私立大学に通う複数の女子大生は、参謀本部の取材に応じ、そうした虚偽回答を続けている理由について、「自分を守りたい」「(相手よりも)優位に立ちたい」「軽い女だと思わけたくない」などと述べているようです。

また、彼女たちは、「言葉のままに受け止めてあきらめる草食男子が多すぎる」「それでは関係が進展しない」と現在の状況に不満を表明しています。

参謀本部は、こうした回答の偽装を「従前から常態化しているもの」と説明する一方で、近年の男子の草食化によって「問題が顕在化している」ことを指摘しています。

取材を行った目黒鮫之助参謀は、「虚偽のものが混入していることは事実ですが、なかには『本心から拒否したい』ケースもあり、トラブルとならないよう慎重な対応が必要」とした上で、

「最近の研究では、『相手が傷つかない言い訳』をいかに用意できるかにポイントがあることもわかってきています」とコミュニケーションのすれ違いを解消する可能性について、明らかにした。

とはいえ、本質的な問題解消に向けては「まだまだ時間を要する(目黒参謀)」ことから、参謀本部では

「恋の行方を特に左右するような重要な局面においては、拒否する場合に『ムリ』を、受け入れる場合には『ヤダ』を使用するようなプロトコルの全国的な採用」

を目指していると言い、目黒参謀は「既にプロトコルヘッダーについての具体的検討に入っている」と話しています。


7eb76fbaec37916b837fd572df3afb60_6604
▲この問題と、「中年男性コックが料理していたにも関わらず『おふくろの味』としていた問題」との関係は明らかになっていない
http://p.twipple.jp/6ePQY




最新記事
記事検索
このブログについて
※移転しました※
b1.blog.jp

新卒外資コンサルを経てIT企業経営者となった著者が現在進行形で学習・実戦中の戦略・組織論やサブカルやネット関連動向などの備忘録。中二病注意。
※掲載されている内容は私個人の意見であり、所属組織の立場、意見を代表するものではありません。掲載内容に問題ある場合、お手数ですが 下記お問合せ窓口よりご連絡ください。


◆更新情報はこちらからどうぞ!

twitter

facebookページ

google+

RSSフィード


◆お問合せ先◆
survivalstrategy21アットマークgmail.com

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ