柴田珠実

本当の仲間、本当の絆

前回からの続きです。

ひょんなことから、
アイドルになった柴田珠実さん。

はじめは積極的になれなかったが
新しく結成されたユニットの初舞台で
彼女の負けん気に火がつく。

でも彼女には事情があって・・・?
 




---

アイドルなのに、スペインへ?

---

―みんなに内緒にしてたこと
って?



柴田珠実さん(以下た):
実は、
秋からスペインに留学に行く
ことが決まってたんです。



―え・・・。そうだったんだ。

折角、エンジンがかかった
ところだったのに?



た:はい。新しいユニットで
これから頑張っていこう!
という時期だったので、

みんなにはとても
言えませんでした。
 
出発の3日前まで
言えなかった
んです。



―3日前!?



た:はい・・・。



―それで、結局?



た:(スペインに)行きました。

メンバーのみんなは
私の事情も汲み取ってくれて
やさしく送り出してくれましたけど、

正直、胸の中は複雑だったと
思います。



―それはそうだよね。でも、
珠実ちゃん自身も辛かったでしょ。



た:それは、自業自得なんで。

ただ、
ファンの方々や
メンバーのみんなには
本当に申し訳なくて。

行く直前まで、
大学中退するか迷いました。



―大学中退は、さすがに
親が許してくれないよね。



た:そうですね。
親はもともと私のアイドル活動には
反対でしたし。

行かないと大学に
いられなくなってしまうので
泣く泣く行きましたが、

留学に行くのは本当に嫌でした。



---

実は、留学は二度目。一度目は・・・

---

―ひとりでスペインに行くとか、
寂しくなかった?



た:実は、留学は二度目だったので、
DIOのことを除けば、留学自体は
それほど問題じゃなかったですね。



―そうなんだ。
高校の時とかにも留学してたの?



た:はい。高校2年生から
卒業するまでの1年半ほど、

オーストラリアに行ってました。



―へえー。
オーストラリアと言えば、シドニー?



た:いえ、
エアーズロックの近くです。



―ふぇっ!?



た:アボリジニアートの勉強
に(笑)
 
途中からタスマニア
移りましたが。



―タ、タスマニア? 
どうしてそうなった?

(というか、どっから
突っ込んだらいいんだろう・・・) 



中学に入ってからは、
シンクロをやめたことを
ちょっと後悔して、

自分が好きなことは何だろう?
って考えた結果、
絵を描くことが好きだったので
美術の勉強を始めたんです。

それで、留学に行ったんですね。



―相変らずガチだね。
てか、自己分析する中学生
って、凄いね・・・。

エアーズロックの近くに、
ひとりで行ったの?
日本人、全然いないでしょ。
ホームシックにならなかった?



た:なりましたね。
基本的なことが話せないから、
最初は友達も全然できないし。

親に話すのも情けなくて、
はじめはずっとひとりで泣いてました(笑)

ノートにやり場のない
気持ちを書きなぐって、

ストレス解消したりして。

留学といっても、
カリキュラムとかもないんですよ。

アボリジニアートも、

クラスにいる
アボリジニ(原住民)の子に頼んで、
家にお邪魔したりして、
自分で勉強していくしかないんです。

おうちにお邪魔した時は、
芋虫もおいしく
いただきました。



―!!
(↑どうでもいい情報だけど、虫は苦手)



た:まあ、最終的には
すごい楽しかったんですけど、
最初は大変でしたね(笑)



---

Dioで出会えた本当の仲間

---

―そこで乗り越えた経験
があったから、
留学自体は慣れてたんだね。



た:はい。ただ、2回目は、
本当は留学なんかよりも、
とにかくDIOの活動を
続けたかったです。



―留学するってことで、
DIOは一回、辞めたの?



た:それが、みんなは 
留学に行った私を
DIOのメンバーで
いさせてくれたんです。

みんなからしたら、私って
普通は裏切り者じゃないですか

それなのに、
形の上だけじゃなくて、
 
「DIOでこんなことがあったよ」
と連絡くれたりとか、

「今度こんな企画あるんだけど、
どう思う?」とか、

聞いてくれたりして。



―それは嬉しいねぇ。



た:留学前は、
ダンスの特訓だけじゃなくて

最初はライブのお客さんも5人
とかの時もあって、

一緒にチラシ配りもしましたし、
そんなふうに苦労をともにして、

みんなとは、2ヶ月ほどだったけど、
とっても濃い時間を過ごせたことが、
良かったのかもしれません。


小学校のシンクロの時はもちろん、
中高も女子校でしたし、

それまでも比較的女の子だけの
集団にいることが多かったのですが、

私にとっては、はじめて築けた
強い信頼関係でした。



―ブロードバンドの売り子の
アルバイトの面接に行ったはずが、
ひょんなことからアイドルになっちゃった
って感じだったけど、

そのお蔭で、
本当の仲間に出会えたんだね。



た:ひとりいない状態になったDIOは
新曲を出すこともできず
 
それまでの持ち歌のまま
頑張ってくれて、

それでも、こんな私を仲間として
大切にし続けてくれました。

私もせめて何かしたくて、
 
スペインでは、サルサダンスとか、
役に立ちそうなことをやって、
帰国の時に備えました。



―みんな、待っててくれたんだね。



た:はい。10ヶ月後、
みんなは本当に、帰国した私を
受けいれてくれました。



―DIOの仲間は、最高の宝物だね。
 
今の目標は?


た:メジャーデビューですね。
私が留学に行ってしまってたせい
もあって、
 
もう、そんなに時間がありません。

今年中に
メジャーデビューを果たしたい
と思います!



現在のDIO
(写真提供:ご本人)


 ★ ★ ★

(編集後記)

肝心なところで
スペインに留学せざるをえなかった
アイドル、柴田珠実さん、

仲間はそれでも彼女を
見捨てなかったどころか、

彼女の留学中も
変わらず仲間として
大切にしてくれたという。

今度は、自分が応える番だ――

必勝の信念で
仲間とおんなじ夢に向かう、
彼女の瞳はまっすぐで、強い。



Girls, be ambitious!(3)―留学するアイドル 柴田珠実

今回は、

『DIO』と『愛ネク11』という
2つのアイドルグループ、そして、

伊豆大島の観光大使『ミス椿の女王』
としても活動中の

柴田珠実(しばた・たまみ)さんに
お話を聞いてきました!



---

ひょんなことからアイドルに

---

―はじめまして。
まず、いきなりですが、
アイドルってどうやってなるの?



柴田珠実さん(以下た):
大学1年生のときに
ネットでブロードバンドの
キャンペーンガールの求人
があって、
 
それに応募したところ、

面接で「歌とダンスできる?」
って聞かれて、

「あれ?」って思ったんですけど、
「あ・・・はい・・・」
とかって答えてたら、

瞬く間にどんどん事が進んで、

気がついたら、
『愛ネク11』というグループで
アイドルをやることになってました(笑)



―そんなことってあるんだ(笑)
 
最初はアイドルやりたくて
始めたわけじゃないんだね。

でも、そんなにいきなりできるもんなの?



た:もともと目立つのがあんまり
好きじゃなかったし、

正直、最初のうちはグループにも
とけこめなかったですね(笑)



―華やかに見えて、辛い仕事だよね。
辞めようとは思ったことも?



た:いつも思ってました。

悔しいから、
しばらく頑張ってたんですけど、
やっぱり辛くて・・・。

社長に
いつ「辞める」って
言いに行くかを
考えてばかり
いました。



―それで、言いに行ったの?



た:実際には、ちょうど
「もうだめだ、言おう」
と思ったくらいの時に、

ユニットが結成されたんです。

私を含めて4人のユニット、
これが、
現在も所属している『DIO』です。



―もうダメだっていう、
間一髪のタイミングで、
変化が訪れたんだね。

4人になって、何か変わった?



た:はい。実は、
この時をきっかけに、

自分が引っ張っていかなきゃ!
って気持ちになりました。



―そうなんだ!
いったい、何があったの?

だって、もともとアイドルをやるつもりが
無かったんだよね?



た:お披露目のライブがあったんですけど、
その出来が良くなくて。

「これはやばいぞ」
って思ったんですよね。

振りはバラバラだし、
恥ずかしくて下向いてる子もいたくらい。

ずっとダンスをやってきた
自分が引っ張っていきたいって、
そんな風に思えたんです。



---

いつでも、全力投球、真剣勝負

---

―あ、もともと、
ダンスは得意だったんだ?




た:得意というか、
ダンスに近いことをずっとやってきた
っていうのはありました。

最初は小学校の頃に
水泳のシンクロをやって、

その時はシンクロのために
バレエとかジャズダンスとかも
習ったりしてましたし。



―シンクロのために
他のダンスを習うとか、
結構ガチだったんだね。



た:はい。全国目指してましたから。

当時は朝4時から朝練で、
学校終わったらすぐ練習。

小学生なのに、
友達の誕生日会も
行ったことなかったですね。



―すごい小学生だね。
遊びたくならなかったの?



た:負けず嫌いだったんだ
と思います。

それと、
成功すると褒められるのが、
すごく嬉しくて。



―結局、全国には行けたの?



た:小学校6年生の時に
ついに予選を通過して、

全国大会への切符を
手にしたのですが、

チームで問題がおきて、
出場できなくなってしまいました。

私は直接は関係なかったのですが、
チームには女子だけで
何十人もいたので、
色々と問題もあったんですよね。



―それは残念だったね・・・。
シンクロはその後も続けたの?



た:中学に入った時に辞めて、
ダンス部に入ったんですが、

普通の学校の部活だったので、
「シンクロやめなきゃよかった」
ってちょっと思ってました。



―それでも、ダンス部で
ダンスは続けたんだね。



た:はい。大学でも、
突然アイドルになるまで(笑)は

かなり真剣に
社交ダンスに打ち込んでた
んですよ。



―そうなんだ。
 
そんな風にいろいろなダンスに
全力投球してきた
珠実ちゃんにとって、
 
新しくできたユニットでの初舞台は、
納得いかない出来だった。



た:はい。
その日から一気に、
アイドル活動に打ち込みましたね。

でも、実は、みんなに
内緒にしていたこと
がありました。

私にはもう時間が無かったんです・・・。


つづく 



当時の彼女(右から2番目)とDIOの面々
(写真提供:ご本人)


 ★ ★ ★

(編集後記)

ひょんなことから、
アイドルになった彼女。

はじめは積極的になれなかったが
新しく結成されたユニットの初舞台で
彼女の負けん気に火がつく。

でも彼女には事情があって・・・?
 

次回につづきます!



最新記事
記事検索
このブログについて
※移転しました※
b1.blog.jp

新卒外資コンサルを経てIT企業経営者となった著者が現在進行形で学習・実戦中の戦略・組織論やサブカルやネット関連動向などの備忘録。中二病注意。
※掲載されている内容は私個人の意見であり、所属組織の立場、意見を代表するものではありません。掲載内容に問題ある場合、お手数ですが 下記お問合せ窓口よりご連絡ください。


◆更新情報はこちらからどうぞ!

twitter

facebookページ

google+

RSSフィード


◆お問合せ先◆
survivalstrategy21アットマークgmail.com

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ