草野絵美

鋭くユニークな切り口で、文化と文化をつなげる存在

前回からの続き。

同居する高度な論理と感性が
周りの人を惹きつけてやまない彼女、

最終回の今回は
今後の活動の方向性について
聞きます!





---

『つながる』歓びを誰よりも知っている人

---



―最後に、これからの活動の方向性
について教えて下さい。


草野絵美さん(以下、絵):
これまで色々やってきましたけど、
文化と文化をつなげたい、という
軸はぶれてないつもりです。



―話を聞いて、

絵美ちゃんは
人と『つながる』歓びを
だれよりも知っている人
なんじゃないかと思いました。

最近も、社会人一年目の子に

あるスゴい人に会うから
「失礼の無いようにしろよ」
 
と言ったら、

「(余計なことを言わないように)
黙っときます」
 
って言われてビックリした
ことがあって、

みんながそうだとは思わないけど、
 
面倒なことになるくらい
だったら人と関わらない

 
っていう子が増えてきている
気がするんだよね。


その点、
本人に魅力があったとはいえ、
 
今までいろんな人の助けもあって
充実した人生を送ってきた
絵美ちゃんは、

人とつながることで得るものが多い
ってことを知っている。


リスクサイドだけを見て、
人と関わるのをやめようとする
子とは対照的だよね。



絵:人と関わることで、
直接、助けてもらえる以外にも
勉強になることがいっぱいあります。

人間が一番いい教科書
だと思うんです。

もちろん、
誰にでも好かれるわけじゃないけれど、

どんな人からも、
必ず何かを学ぶことができる
と思うんですよ。

生身の人間は面白いじゃないですか。
本なんかと違って不確実性も高い。

何か影響を受けて
自分が変わるかもしれないし、
他人が変わるかもしれない。



―結局は、
その向上心なのかもしれないなあ。
大切なことは。



絵:子育てでもそんな風に思います。

だって、人間をひとり育てるんですよ。
絶対に、自分が成長できる。

子育てというと、
「大変だ」「お金がかかる」とか、
ネガティブな言葉だけが流通している。

絶対、素晴らしいことだから、
体験できるなら体験したほうが
良いと思います。


まだまだできることは少ないけれど、
世の中をポジティブな
方向に変えていきたい。



---

「私にもその景色を見させて」


---

―絵美ちゃんは
文化と文化だけじゃなく、
人と人もつなげることが
できちゃうよね。

これには
つながる歓びを誰よりも
知っている
という点以外にも
もうひとつ、秘密があったのかな
と思っていて、

絵美ちゃんは、
「切り口」という言葉に代表されるように、
 
物事の本質とか法則を見つけるの
が得意だよね。

だからきっと、どんな人とも
うまくやれちゃうし、

人と人、ついには、
文化と文化をもつなげられちゃう
んじゃないかと思います。



絵:あー、法則見つけるのとか、
好きです(笑)

多様なセンスを持った人
が生まれる時代に
色んなものを見てきたのは
良かったと思います。

縦も横も、
いろんな人とつながりが広くて、
守備範囲がとにかく
広いんですよ、私。



―会社でいうと、事業部というより
経営企画部で、
軍隊でいうと参謀。

化学反応を起こす触媒というか、
花粉を運ぶミツバチのような
存在だと感じました。



絵:周りの人が輝くのは好きですね。

成功して
「私にもその景色を見させて」
と思ってます。

子育ても少しずつ落ち着いてきたので、
様々な分野で活躍している方との対談とか、
以前のようにまたできたら嬉しいですね。



---

「ギーク・イズ・ニュー・ヒッピー」


---

―対談とか、絶対向いてるね!
 
ほかにこれからの活動で
チャレンジしていきたいこと
などありますか?


絵:専門性を極められない
コンプレックスとか、
 
自分で何かをつくりたい
という憧れは、ずっとあって。

作品づくりには
チャレンジしていきたいです。

実際に、
それで、アニメ作品の製作
に参加させていただいてたり、
作詞作曲をさせてもらってたりと、

実際に動き始めてるものもあります。



―アニメとか観たりするの?



絵:はい。

実は、小さい頃は父の影響で
アメリカのアニメばかり見ていて、

日本のサブカルのカッコ良さを
知ったのはその後なので、

順番としては
逆輸入的発想なのですが。

これまでのカウンターカルチャーって
ウラハラとか、
どちらかというと洋風なものが
多かったと思うのですが、

日本発がカッコいいなら
そっちの方がいいじゃないですか。

『ギーク・イズ・ニュー・ヒッピー』ですよ。
オタクがカッコいい。

自分もものづくりに関わりながら、
そういう情報発信ができたらいいな
と思います。



(写真提供:ご本人)
※上の写真は、本人嫌がってたけど
無理言って掲載させてもらいました(^_^;)


 ★ ★ ★

(編集後記)
とにかく、キレキレ。

変に力は入ってなくて、
それでいて要点は外さない。

彼女は、

人に支えてもらうことの
素晴らしさを、
深く知っているというほかに、

持ち前の物事を見る
切り口の鋭さで、

起こっている事柄から、
本質とか法則とかを
すぐに把握して、

考えの軸をつくってしまう。

軸があるから、
そこに相対性が生まれて、
 
ふたつのものを繋げられる。

しかも、
小さい頃から色んな感性に
触れているから、
 
人が歩くときに足を上げるように
それを自然にできる。

そんな『繋げる』名手である彼女から、
これからも目が離せない。





twitterアカウント (@gyorome)

 

プラットフォーム型アイドルに、高度に同居する論理と感性

前回からの続き。

幼少期から
ファッションやデザインに触れ、

留学をきっかけに
女子高生フォトグラファーとして
活躍していった草野絵美さん。

今回はその秘密に迫ります。





---

「直感はロジックの極み」

---

―何がそんなにウケたんだと思う?



草野絵美さん(以下、絵):
特に成功した訳でもないので
おこがましいですが、

強いて言うならば、
単に、行動力と文脈
ウケたんだと思います。

制服着た高校生が街で写真とって
CNNとかに売っている、っていうのが
面白がってもらえただけだと。



―確かに、行動に移すことや、
そもそも文脈に沿って行動する
ことって大事だよね。

でも、それだけじゃない気がする。

才能じゃないの?



絵:私って、昔から飽きっぽくて、
 
写真の手軽さは
切り口で勝負する私に
合っていたのだと思います。


―文化的な広がりを
縦と横の軸で考えるなんて、
普通の高校生の発想じゃないよ(笑)

何ていうか、感性だけじゃなくて、
そこに理屈が通っている。


絵:うーん。

小さい頃から触れてきたのが、
抽象画とかではなく、

デザインの資料だったのが
良かったのかもしれません。


―デザインには機能美があるというか、

徹底的に便利にすることで、
結果的に見た目も美しくなる、
というようなところがあるからね。

それと、もしかしたら、
写真で空間を切り取る、ってことは、

世の中を言葉で切り取る、ってことと、
共通のものがあるのかもしれない。

写真が、ある3次元空間から
2次元平面を切り出すように、

知らず知らずのうちに
起きている事象から次数を落として
帰納的に本質を導く力
ついているのかも。


絵:切り口で勝負する人間
だとは思います。

だから、ラジオとか雑誌のお仕事で、
対談するのは楽しい。

予備知識が少なくても、
色んな専門分野の人と
話をするのとかは
得意かもしれません。


―うん、そういう「切り口」とか、
さっきの「行動力と文脈」とか、

そういうの言葉がみつかる
切れ味のよさが魅力だよね。


絵:ありがとうございます(笑)

あんまり頭で考えてる
わけではないのですが、

educated guessというか、
直感はロジックの極み
だと思ってます(笑)


---

私が凄いわけじゃない

---

絵:でも私、長い時間をかけて
地道に何かをつくりあげていくことは
あまり向いてないし、

バレエは10年やってたけど、
一番下手だったし、
勉強も英語しかできなかった。

もちろん、だから写真が向いていた
というのもあるし、

英語しかできなかったから留学した、
というのもありますが。

だから、
ひとつのことを極められる人が、
羨ましいんです。



―普通の女子高生に比べたら
十分、極めてたと思うけれど。



絵:これまでも、周囲の方々に
助けてもらって充実した日々を
送ることができたので、

自分でなにかをつくるというより、
みんなと一緒にいいものを
つくってくことの方が好きです。


―なんか、
(AKB総選挙で1位になった)
指原さんみたいだね(笑)

時代が生んだ、
プラットフォーム型アイドル(笑)



絵:(笑)
でも、指原さんはコンテンツも
生み出してると思いますよ。

私も私なりに
何らか作品をつくっていくところに
関わっていきたいと思います。



―絵美ちゃんは、今後、
どんなものをつくっていきたいの?


絵:つくるとしてもパロディとか。
今は、趣味ですが、
新しい音楽の作詞作曲に
チャレンジしてるんですが、

レトロなものと、今風のものを
掛け合わせるのが好きなんですよ。



―いいと思う!
短期決戦が得意だもんね(笑)



---

「子育てだって、ひとりでやるもんじゃない」

---

―今どきは、周りに頼らず
どちらかというと
自分で抱え込んでしまって
苦しんでいる子も多いよね。

そういう意味では、
『助けてもらおう』って
素直に思える
こと自体も
素晴らしいと思う。

もちろん、周りに助けてもらえるのは、
絵美ちゃんに魅力があるから
だと思うけれど。



絵:ありがとうございます(笑)

周りに助けてもらっていい、
というところでは、
子育てだってそうだと思うんです。



―そういえば、この間、
無事、出産したんだよね。
おめでとうございます。

0歳児なんて、大変じゃない?



絵:それが、思ってたほどは
大変じゃないんです(笑)

もともと手がかからない子だという
ところもありますし、

まだ0歳だからこの先どうか
わからないことも多いですが、

でも、今の時代だからこそ
無理をせずできる子育てのやり方も
あると思います。



―子育てって楽できるもんなの?



絵:意外と迷信みたいなのも
多いんですよ。

すぐに抱くと抱き癖がつくとか、
ほっといたほうが我慢強くなるとか。

逆に、泣いてるのをほっとくと
よくないとか。

謎の精神論が多い。

無駄を省いたところで
愛情が薄くなるわけではないし、

効率化できるものは
効率化すればいいと思ってます。


例えば、
我が家は、子供が勝手にミルクを飲める
哺乳瓶ホルダーみたいなのを導入していて、
これは双子のママに教えてもらいました(笑)



―おお。そんなのあるんだ。
子育てでも、周りに助けてもらうことってある?


絵:はい。

産後まもなくは実家にいましたが、
帰宅後は旦那も日中はいないので、

久しぶりに会いたかったけど
なかなか会えない友達と
ランチの約束を2、30回入れて、

毎回違う友達に
ご飯を持ってきてもらったり、
作ってもらったりしながら
体力回復しました。

 
あと、息子のフェイスブックページ
をつくったんですが、

直接知り合いで無い方にも、
多くの方に見守っていただいています(笑)



―へ?
お子さんのフェイスブックページ
つくったの?


絵:はい(笑)
自分のページにアップすると
子どものことばかりになってしまうので。
見たい人が見て楽しめるような
コンテンツとして作りました。

それで、アマゾンに
「ウィッシュリスト」っていう機能が
あるのですが、

そこに、ミルクやら子どもの遊び道具やら
色んな物を入れて、
そのフェイスブックページと
自分のアカウントでお願いしたら、

お祝いにと皆さんから
色々と買っていただきました。
本当に有難いです。



―そ、それは凄い
(↑買ってあげてない人)



絵:そんな風に周りの方々の
ご協力があって、
子育ても順調です!

なので、そろそろお仕事も
少しずつ増やしていこうかと思ってます。


(写真提供:ご本人)

 ★ ★ ★

(編集後記)

同居する高度な論理と感性が
周りの人を惹きつけてやまない彼女、

最終回の次回は
今後の活動の方向性について
聞きます!



twitterアカウント (@gyorome)


Girls, be ambitious!(4)―マルチ・クリエイター 草野絵美

今回は、

もともと女子高生フォトグラファーや
ラジオパーソナリティとして活躍し、
 
大学に通う傍ら、起業や出産を経て
今もマルチに活動を続ける

草野絵美(くさの・えみ)さんに
話を聞いてきました!





---

留学で気づいたトーキョーの特殊性

---

―お久しぶりです。
まず、最近の活動内容を教えて下さい!



草野絵美さん(以下絵):
中心は、育児と学業ですね(笑)
でもその傍ら、お仕事も続けてます。

昨年、玉城ティナちゃんを輩出した
講談社さんの『ミスiD』の
審査員のお仕事とか、

また詳しくは言えないんですけど、
アニメ業の界のお仕事。
あと作詞作曲とか。



―相変らず幅広いね。
もともとは写真家として
活躍してたんだっけ?



絵:はい。

高校生の頃に、
CNNなどの海外メディアに
載せてもらうためのストリートスナップ
を撮っていたのですが

だんだんと
色々なメディアやイベントなどに
呼んでいただけるようになって、

大学生になってからは
ラジオのパーソナリティも
やらせていただきました。



―高校生の時から!?
それって、どういうきっかけなの?



絵:写真については、
留学がきっかけになりました。

高2の時にアメリカのユタ州に
留学したのですが、

それが、
東京の特殊性、ユニークさ
に気づかせてくれたんです。



―わかるわかる。
東京って実は凄い面白いよね。

高校生の絵美ちゃんから見て、
ユタ州と東京は、どんな風に違ってた?


ユタ州は、モルモン教の本部があって
私が住んでいたところも
モルモン教徒の方が多く、

宗教を中心としたまとまりがある
一方で、

時間軸ではみんな、いろいろな
カルチャーに触れてました。

(アメリカは地上波ではなく)
ケーブルテレビ中心なんで
みんな過去の映画をいっぱい見ていて、

ラジオでも、
懐メロがいっぱいかかってるんです。

新しい曲は、F words
(注:4文字のアレ。
つまり、そういう下品な言葉)
が入ってるから、
あんまり流れてなかったんですよね。



―そうなんだ!
日本では過去のコンテンツって
そこまで日常的に消費されてないもんね。



絵:その代わり、東京では、
あんまり過去のものに
目を向けないけれど、
『今』の文化に多様性がある。

下北沢から渋谷、
六本木へと移動するだけで
カルチャーが全然違う。

つまり、カルチャーという点で

ユタ州は、時間軸で
『縦』の繋がりが深いんだけど、
 
東京は『横』に広がっている。

そこが面白いと思ったんです!



---

写真は空間を切り取る最高の道具

---

―なるほどー。
てか、当時から、そんなこと考えたの?



絵:はい。



―すごい洞察力を持った
高校生だったんだね。



絵:そうですかね(笑)

両親も、デザイナーとイラストレーターで
作り手だったので、
家にあったたくさんの画集をはじめ、
ファッションとかデザインの資料など、

幼少の頃から色んな感性に
触れてきたのが
良かったのかもしれません。



―写真は子どもの頃から好きだったの?



絵:はい。

きっかけは、『ブライス』という
ファッションドールでした。

もともと
ビンテージのバービーを
ガラスケースにいれてるような子
だったのですが、

好きな服を着せて、
スタジオみたいなのをつくって、
その写真を撮っていたことが
はじまりです。



―それ、ガンダムのプラモデルで
俺もやったことある!

小学校の自由研究で。



絵:そうなんですか!

その時は、
写真そのものが作品
というよりも、

写真を媒介にした
世界観表現という方が
近いのかもしれません。

当時から、
じっくり時間をかけて何かをつくりこむ
集中力がある方ではなかったので、

手っ取り早く空間を
切り取れることが魅力でした。



―なるほど。
色んな芸術に触れてきたというだけでなく、

写真で空間を『切り取る』ように、
物事の切り口も鋭くなっていたのかも
しれないね。



---

誕生!女子高生フォトグラファー

---

―それで、留学から戻ってきてからは、
東京のカルチャーを『切り取る』ように
なった、と。



絵:はい。

当時高校生の私には、
東京はユタ州よりもずっと
自由度が高いように感じられました。

そこから帰ってきたら、
「何でもできるじゃん」って思った。

まず、ストリートスナップを撮って
インターネットで公開するようになりました。

そのうちにファッションショーの取材を
お手伝いする機会もいただけるようになり、

イベントのカメラマンブースでは
海外メディアの特派員の方々にも
親しくしていただきました。

特派員の方々は、
日本に常駐していない方も多いので、
「いい写真があれば買い取るよ」
と言っていただいて。

そうしてCNNなどの海外メディアにも
写真を使っていただいたり、

ミュージシャンの方の
写真を撮らせていただいたりして
フォトグラファーとして活動の幅を広げながら、

ラジオ番組への出演や雑誌連載など、
色々なメディアへも出させていただけるように
なりました。


当時の彼女
(写真提供:ご本人)


 ★ ★ ★

(編集後記)

幼少期から
ファッションやデザインに触れ、

留学をきっかけに、
女子高生フォトグラファーとして
活躍していった彼女。

次回は
その秘密に迫ります!



twitterアカウント (@gyorome)


最新記事
記事検索
このブログについて
※移転しました※
b1.blog.jp

新卒外資コンサルを経てIT企業経営者となった著者が現在進行形で学習・実戦中の戦略・組織論やサブカルやネット関連動向などの備忘録。中二病注意。
※掲載されている内容は私個人の意見であり、所属組織の立場、意見を代表するものではありません。掲載内容に問題ある場合、お手数ですが 下記お問合せ窓口よりご連絡ください。


◆更新情報はこちらからどうぞ!

twitter

facebookページ

google+

RSSフィード


◆お問合せ先◆
survivalstrategy21アットマークgmail.com

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ